林業女子ブログ

餅つき&薪で火を起こし体験

0

    矢板市木の駅プロジェクト主催

    餅つき大会〜薪で火を起こしてみよう〜にお邪魔してきました。

     

    まず、佐野会長からご挨拶!

    地域のお子さんに、木の大切さを知ってもらおう。山の恵みを感じてもらおう。

    という気持ちでイベントを開催されたそう。素敵です。

     

    そして用意した薪でもち米をふかします。

    バイオマスボイラーだ発電だとなんだか格好いいこといっているようですが

    薪として、炭として、日本人はずっと木をエネルギー利用しているんですよね。

    火を見つめながら、原点に返ってしみじみ。

     

     

     

     

     

    待つ間に、日本の山の現状と木の駅プロジェクト、木質バイオマスについて

    工場を見学しながらお話をうかがいました。

     

    そしてお待ちかね、餅つき!

    我が家では機械なので、臼と杵のお餅ははじめて。

    機械で作るより、ふんわりしているみたいです。美味しい!

     

    その後も焚火で焼き芋をし、バイオマスボイラーで栽培したマンゴーの試食会をし

    小さい子は、製材の際にでる木材のきれっぱし、木端を積み木にしたりドミノ倒しをしたり。

    働く私たちにとって、ちょっとチップ化処理が面倒なもの、厄介者のこの木端が

    この小さい天才たちにかかれば、玩具になってしまうんですね。

     

     

     

     

     

    1歳の息子連れで大丈夫かなと思いましたが、

    年上のお姉ちゃんたちがたくさん遊んでくれて(この写真では工場見学に乗り遅れしょぼくれていますが)本人も満足気でした。

     

     

     

     

     

     

     

    11月にまたイベントを企画されているそう!

    普段あまりブログが長文にならないように気を付けているのですが、

    それでもこんなにつらつらと書いてしまうくらい、盛りだくさんの1日でした。

    今回参加された皆様も、残念ながら都合がつかなかった方も、ぜひ交流いたしましょう♪

     

     

     


    森林未利用材搬出のしくみ

    0

      すっかりご無沙汰してすいません…担当者です。
      雪や寒さで現場作業に苦労していた栃木県北も、やっと少しずつあたたかくなってきました。
      と思いきや、インフルエンザの大流行!
      皆様も、お気を付け下さい。

      さて、ここ矢板市でも2月1日より森林未利用材を集めよう!と
      いう取組みが始まりました。



















      プレ出材セレモニーの様子です。
      お揃いのジャンパーを着て、やる気十分の出荷者の皆様!


      未だ実証実験の段階ですが、那珂川の例を参考に
      街づくりとしても意味のあるプロジェクトになればいいな
      と思っています♥


      来年度の本稼働を目標に、頑張って活動させていただきます!




       

      木の駅プロジェクトなかがわ どんどん拡大中!

      0

        8月3日に第1回を、8月31日に第2回を開催した
        木の駅プロジェクトなかがわ安全講習会ですが
        10月5日に、今年度最後の開催日を迎えました!

        木の駅10.5












        悪天候だったために、山の現場には出れず
        (廃校になった中学校の学校林をお借りしています)
        森林組合さんの駐車場の一角で実技実習を行いました。

        木の駅10.5












        今日までで、80名ほどの方々が参加しています。
        会員をどんどん増やしているこのプロジェクト、
        参加者の中には若い方や女性、
        チェーンソーに触るのも初めて。という方まで…

        山を綺麗に!資源の有効活用!そして、地元に元気を!!
        こんな当初の目的の他に、「林業の普及」という意味でも
        お役にたてていければ良いな、とも感じた1日でした。

        木の駅10.5


        「木の駅プロジェクトなかがわ」安全講習会

        0
          8月3日、「木の駅プロジェクトなかがわ」出荷者を対象とした
          チェーンソー安全講習会が開かれました。

          参加されたのは、実証実験時の2倍近い40名弱。
          今回都合が悪かった方々から
          既にもう、次回の申し込みをいただいているのだとか。

          翌日8月4日には早速、軽トラ10台分ほどの出荷がありました。
          皆さん積極的に搬出してくださっています!
          1000tを搬出するという目標は、軽トラでは少々難しいように感じていましたが…
          地元の皆さんはこんなにもやる気満々!頼もしいですね♪


          木の駅8.3















           

          木の駅プロジェクト 本格稼働開始!

          0
            7月8日、「那珂川町木の駅プロジェクトばとう」の総会が行われました。
            昨年度の実証実験の結果報告および今年度の計画案が承認され、
            「那珂川町木の駅プロジェクトなかがわ」となって、本格稼働をスタートいたします!















            切り捨て間伐材などを引き取り、地元の商店街のみで使える地域通貨と交換することで
            資源の有効活用と地域の活性化を目指す「木の駅プロジェクト」!
            本稼働では、今年度中に1000tの出材を目標として
            来月3日の安全講習会の後、材の受け入れを開始する予定です。

            7月10日の下野新聞にもご掲載いただきましたー♪
            このプロジェクト、全国では20以上の地域が取り組んでいるものではありますが
            栃木県内では初めての試みとなります。
            どこまで活性化させることができるのかわかりませんが、
            目標達成のためどんどんPRさせていただきます!



             

            木の駅プロジェクト実証実験終了のお知らせ

            0
              大雪!でしたね!!
              雪道の運転に自信がないので、週末は家でのんびりでした♪

               
              先月末、1月31日で
              「那珂川町木の駅プロジェクトばとう」の実証実験を終了いたしました。
              予定より2カ月遅れ、期間も短くなり
              関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

              出荷量は目標の50tを大きく超え、140t!
              支払い金額が足りなくなる程、材を出してきていただけました。
              (不足分は、那須南森林組合様と県北木材協同組合側から寄付いただきました)

              今回は実証実験ですので馬頭地区を中心に行いましたが、
              次回からは那珂川町全体での稼働になります。
              この実験で見えてきた課題は多々ありますが。。。

              結果は成功、と言えるのではないでしょうか!

              券の有効期限は3月末ですので、
              まだ商店側や使用した方の声はあまりありません。
              次回はそちらも含め、本稼働についてご報告できればいいなと思います。

              下野新聞「夢ある事業に注目しよう」

              0
                下野新聞の論説欄に掲載いただきました。

                2013年12月25日(水)
                夢ある事業に注目しよう とちぎ発木の駅プロジェクト



                夢ある事業!
                うれしいです…♪

                下野新聞「『木の駅プロジェクト』始動 山林・商店活性へ」

                0
                  下野新聞に掲載されました!

                  2013年12月16日(月)
                  「木の駅プロジェクト」始動
                  山林(間伐材活用) 商店(振興券発行) 活性へ 〜 那珂川 















                  −− 以下抜粋 −−
                   山林に放置された間伐材などの林地残材を引き取り、地元の商店で利用できる地域通
                  貨券を発行する「那珂川町木の駅プロジェクトばとう」の実証試験が15日、同町内でス
                  タートした。(中略)
                   来年3月まで同実行委が残材1鼎6千円で引き取り、1枚500円の同券を発行する。
                  総発行額は30万円分。地元商店44店で3月末までの期間限定で利用できる。地域振興の
                  ため大型店やコンビニでは使えない。
                   残材搬入対象者は安全講習を受けた同馬頭地区内の山林所有者ら約20人。実証実験を
                  踏まえ8月をめどに対象者を全町に広げ、正式事業化を目指す。
                  −−−−−−−−−−



                  せっかくなので、同じ話題で恐縮ですが取り上げさせていただきます。

                  全国約30地域で実施されている当事業ですが、製材に向かない材を大量に出荷するわけですから
                  ・受け入れ先の確保
                  ・出荷価格
                  の、二点がどうしても課題になりやすいそうです。

                  那珂川の場合は、バイオマス事業を計画中のため、受入れ体制は問題ないのですが
                  価格の問題にはぶつかっています…

                  チップ材(製材できない材)の、ビジネスとしての買い取り金額の上限は
                  1トンあたり 3000円。
                  しかし軽トラに手積み・手おろしする手間を考えると、
                  どうにもやる気が持てないのが正直なところ。

                  今回は当実行委員会で、1トンあたり 6000円 で買い取らせていただきます。
                  不足分は、那珂川町林業振興会様や螢函璽札鵝
                  地元森林所有者様の寄付によりまかなわせていただく予定です。

                  今回の結果次第で価格やその他、本稼働時にどう運営していくのかが決まります。
                  結果が分かり次第、またアナウンスいたします!

                   

                  木の駅プロジェクト開会セレモニー

                  0
                    12月15日、「那珂川町木の駅プロジェクト ばとう」実証実験の
                    出荷受入れを再開いたしました。

                    前回のご報告から大分日が経ってしまいましたのでもう一度ご説明を。
                    − 木の駅プロジェクト − とは?
                    細かったり製材出来ないために山に捨てられた林地残材を軽トラに積んで
                    地元の商店で利用できる振興券と交換しよう!というプロジェクトです。

                     
                    10月スタートの予定だったのですが火災の影響を受け
                    地元の皆さんのご支援でやっと、再開出来ることとなりました。




                    オープンセレモニーでは那珂川町長様ほか、来賓の皆様からご祝辞を賜り
                    参加者全員で乾杯!

                    それから出荷に移ります。

                    軽トラがずらり…!
                    皆さん朝7時半から材を積んでいらしたそう。

                    お昼ご飯は実行委員会長お手製!のおにぎりと
                    森林組合さんのご厚意による豚汁を食べて(写真を撮り忘れました…温まりました) 
                    午後まで出荷作業を続けてくださった方も。
                    1日で約30tの出材がありました。

                    延期となり、ご迷惑をおかけしましたが、
                    参加した皆さんがこんなに活気あるセレモニーにしてくださるなんて
                    関わってきた人間として、嬉しい限りです。

                    実証実験は1月末まで続きます。
                    良い実績報告ができるよう、今後もがんばります。
                     

                    木の駅プロジェクト広報中

                    0

                       
                      9月10日、「那珂川町木の駅プロジェクトばとう」についての広報誌を
                      那珂川町の回覧に挿ませていただきました。

                      からっきしの文才でなんとか書き上げましたので、こちらにも掲載させていただきます。
                      木の駅通信


                      先週の実行委員会議では、
                      茨城県旧美和町で「木の駅プロジェクト美和」の
                      代表をなさっている竜崎社長がおいでくださり、
                      事業が軌道に乗ったひとつの事例を伺うことが出来ました。

                      美和町と那珂川町はもちろん異なる環境ではございますが、
                      まねできる部分はちゃっかり参考にさせていただきながら
                      那珂川町のかたちを探っていければな、と思います。

                      とりあえずは、来月からの実証実験です!
                      また何かありましたら、アナウンスさせていただきます♪



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      山林活用メールマガジン

                      山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

                      山林情報登録

                      山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

                      archives

                      recent comment

                      • 「50kmの経済圏」ネーミング募集締め切り
                        担当者
                      • 「50kmの経済圏」ネーミング募集締め切り
                        すぎなみ山
                      • トーセン50周年記念植樹

                      links

                      search this site.

                      others

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM